1クールで終わらない海外ドラマと日本ドラマの違いとは? ~ 海外ドラマ広場

main_top_over_navi
main_top

1クールで終わらない海外ドラマと日本ドラマの違いとは?

海外ドラマが最近人気を呼んでいる為、今ではレンタルショップやTV等で気軽に海外ドラマを楽しめる様になって来ました。

では、何が日本のドラマと海外のドラマの違うのだと思いますか?

殆どの日本ドラマ(大河ドラマ・連続テレビを除く)は、設定が12回(1クール)位になっています。

最初の方(1~4話位)では、どの様な内容のドラマなのか?また、どの様な関係の登場人物なのか?を紹介しています。

中盤の方(5~8話位)では、チョットした山場を視聴者が途中で飽きない様にあります。

後半の方(9~11話位)になると、伏線を最終回の盛り上げの為に張り、最高に最終回では盛り上がって終わる・・・という形になっています。

日本ドラマでは、この様に12回(1クール)で終わる様な作り方をしています。

そして、続編も人気次第で出来る事もあるのですが、その時でもやはり、12回(1クール)で作られています。

どうしても、ストーリーが短い(約12回)という事で、やはり視聴者が結果を途中で読めてしまう場合もあります。

その一方海外ドラマでは、可能な限り人気があれば続け様とします。

アメリカドラマを例として挙げてみると、新しいドラマをスタートした3ヶ月後に視聴者ランキングがあり、その結果次第で良い視聴率であれば続行され、逆に悪い視聴率であれば即打ち切りとなります。

ちなみに年に視聴者ランキングは3回行われています。

ただ製作側としては、ずっと続け用と思い、元々ドラマを作るため、最終回ドラマを観ていても違和感があるのが、チョットした難点となります。

『ここで何故終わるのだろう?』『ここで終われば良かったのに・・・』と思う事もあるかと思いますが、この背景には、視聴者ランキングがあるからなのです。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 海外ドラマ広場 All Rights Reserved.