よく耳にする言葉 海外ドラマの用語について ~ 海外ドラマ広場

main_top_over_navi
main_top

よく耳にする言葉 海外ドラマの用語について

すっかり今では人気のある海外ドラマですが、言葉で『よく耳にするけど海外ドラマを観ていても分からない』という事はありませんか?

ここでは、よく使われる海外ドラマ用語を、少し解説してみたいと思います。

まず、言葉で『ソープオペラ』と聞いた事はありませんか?

簡単に言えば「お昼のメロドラマ」が『ソープオペラ』の事と意味しています。

多くの主婦が視聴者の為。スポンサーの多くが石鹸(ソープ)会社である事からこの様に呼ばれています。

PM1時台のドラマスポンサーには、日本でも石鹸会社が多いと思います。

次に、言葉で『シットコム』と聞いた事はありませんか?

簡単に言えば「観客の笑い声が入っているコメディードラマ」の事で、「シチュエーションコメディー」を短縮したものです。

昔からアメリカでは人気があるドラマ形式ですが、日本にはない形式ですね。

『フレンズ』や『フルハウス』等、代表的なシットコムドラマが有名です。

そして、試験的に先駆けて新しく製作するドラマに為に作られたものを『パイロット版』と言います。

スペシャルドラマとして始めに単発放送をし、好評かどうかを視聴者の結果で判断してシリーズ化されます。

ある意味、一種の賭けですね。

また日本ドラマでも、最近よく耳にする言葉として『スピンオフ』があるかと思います。

要するに、兄弟番組の事が『スピンオフ』と言い、中心が人気ドラマのサブキャラクターを起用した、新しいドラマを言います。

前後の話が、元のドラマがテーマになっている事が多いです。

『ジョーイ』の様な代表的なドラマがありますが、主役が『フレンズ』のジョーイになったスピンオフドラマです。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 海外ドラマ広場 All Rights Reserved.